Our Services

Design

デザイン

Customer Experience

美的感覚を利用する

私たちcotoLiがデザインを手掛ける際には、「デザインによって喚起されるインタラクションを、伝えたい相手(依頼主のお客さま)にいかに好ましく記憶してもらうか?」を最も重視します。

商品・サービスの外観を決めるデザインが、お客さまの商品やサービスに対する好き嫌いを決定するのに与える影響は、想像以上に大きなものです。

お客さまは、商品・サービスの与える品質等の現実以上に、自分の眼に魅力的に映るモノかどうか?を見ています。

直接サービスを経験しているとき、商品を使っている時間よりも、そのときに感じた気持ち、惹き起こされた感覚の記憶は長く続きます。

商品・サービスをまた使ってもらえるかどうか、周りの方に推奨してくださるかどうかは、お客さまの中で形作られた記憶が良いものか、悪いものかで決まるのです。

cotoLiではこれまでに培った購買者心理・人間心理の知見を元に、お客さまの真のニーズに焦点を当て、製品・サービス全体の一貫性を保つ、筋が通っていて、わかりやすいデザインをご提案させていただきます。

Open up Contact

相手との接点を切り拓く

ロゴ・チラシ・ポスター・名刺…その他どんな些細なものであれ、お客さまとの貴重な接点となる媒体と言えます。どんなに質の高いサービス・商品を提供していても、買ってもらえなくては、まずは存在に気づいてもらえなければ、その事業は失敗に終わります。

消費者経済においては、ものごとの実質よりもまず先に、人々の関心を惹き付けることができるかどうかが問われるのです。

cotoLiでは時代精神(ツァイトガイスト)の分析と科学的知見を元に、市場での資本主義的な重要性を反映し、購買者の眼に魅力的に映る部分を強調したデザインをご提案致します。

Polished Design

流れのある洗練されたデザイン

伝えたい相手・目的を持ってデザインしようとするときには、芸術・美術的な視点だけではなく、伝達手段としてデザインを生み出す経営的な視点も必要になります。

限られた紙面・画面の中でメッセージを明確に打ち出すには、一貫性のある物語を一貫性のある方法で伝えることが求められます。

コンサルティング業として企業のブランディングに携わるcotoLiだからこそ、一貫した流れを持ち洗練されたデザインを提案させていただくことができます。

Deep Specialization

本能から情動を揺さぶる専門性

cotoLiでは、接する人が本能的に心地よいと感じるデザインを理想とする、ヒューマンインターフェース(人間中心デザイン)論を軸に据えたデザイン活動を行います。

デザイン媒体の満足度を高めることは、それに関わる商品・サービスなどを全ての接点をひっくるめたトータル・エクスペリエンスの価値の向上に直結します。

時代が移ろい、テクノロジーが変化しても、人間の本質は変わりません。cotoLiでは人文科学・社会科学の双方からアプローチして、人間の情動を揺さぶるデザインを造り出します。

Clients' Voices

お客様から見たcotoLiのサービス

Designer’s Moral Mission

デザインという職業の道徳的使命

cotoLiのデザイン製作は、満足させようとしている相手とその相手が持つニーズについて、よく理解するところから始まります。

ご依頼者様から丁寧に話を聴きながら、意図した市場と意図した人々に注意深く焦点を合わせていきます。

デザイナーは、表面的な課題に捕らわれることなく、相手にとっての本当の課題は何か?を探します。目に見えるニーズに応えるよりも、根本的なニーズを満たすことこそが最適解だという考えかたをしているためです。

間違った課題をそのまま、見事に解決してしまったら、まったく解決がないよりもタチが悪い状況になりかねません。

人々は、自分の真のニーズに気がついていないことが多くあります。時には直面した課題の難しさに気がついていないことすらあります。

商品・サービスについて、購入の意思決定をする人と実際に利用する人とは、別の人であることも多くあります。そして、それぞれの人がどういった点を重視するか、はたいがいうまく噛み合いません(購入者は価格面、利用者は使い心地を重視する、など)。

デザインをする際には、まずどんなことを、どんな相手に伝えたいのかを、改めて考える必要があります。

時間をかけてでも根本的な部分から課題を見直そうとするのには、理由があります。デザインの影響力というのは皆さんの想像する以上に大きく、デザインでの失敗は取り返しのつかないものだと知っているためです。

競争の激しい消費者経済においては、時に質が悪く利益追求型の悪い商品・サービスが成功し、真っ当な仕事をしている良い商品・サービスが失敗します。

それは多くの場合、デザインの品質を悪いまま放っておいたことに起因すると考えています。デザインは、商品・サービスの良さをお客さまに伝える最大の手段だからです。

ロゴ、チラシ、HP、SNS、店舗の内装、接客そのもの…世の中にはデザインが溢れています。それら小さなひとつひとつの積み重ねが、その商品・サービスが人に与える印象、魅力を形造っています。デザインによって打ち出す魅力が強いかどうかは、商品・サービスの売れ行きを左右します。

商品・サービスが売れなかったら、それらがどんなに素晴らしいかは関係なしに、会社は商品の生産・サービスの提供を中止せざるを得なくなる場合があります。

利益がでないものを、収益がもたらされない期間にかかるコスト負担に耐えて提供し続けられる経済的体力のある企業など、ほとんどないのです。

実世界で活きるデザインを手掛ける際には、現実的に企業の経営面を見据える怜悧な観点も必要となります。

結局のところ、商品・サービスを使う人が誰もいなかったら、それらがいかに高品質で良いものだろうと関係がない。実際に商品・サービスに興味を持ってもらえる、買ってもらえる訴求力のあるデザインでなければ意味がない。

テクノロジーが進歩し、誰もが自分で創作する道具を手にすることができる時代になりました。自分で動画を作って投稿したり、自分の思ったことをSNSで綴ったり、自分で販促物を作ってみたり…物が豊かになり、自由に創作活動をできるのは素晴らしいことです。

けれど良いデザインをするのは簡単ではありません。

原則的には優れていると思えるデザインでも、実世界に持ち込むと失敗することは、ありふれたできごとです。

実世界で通用するデザインをするには、美術・芸術的・審美的な感性に加えて、真の問題を探求するデザイン感覚、人々の購買に関するニーズを汲み取るマーケティング感覚が必要になってきます。

私たちcotoLiはデザインに関する知識はもちろん、人文科学・社会科学それぞれの知見を総動員し、我々の創出するデザインに対する道徳的使命を果たします。

cotoLi Web Media Office共同代表
青木 菫

Service's Details

サービス詳細のご案内

名刺デザイン

19,800円 (例:片面・印刷代別途)

自分の分身となり、お客さまの手元に長く置いていただける名刺。

cotoLiでは、事業内容やご自身のキャラクターの持つイメージを反映し、かつ洗練された名刺デザインのご提案をさせていただきます。

同じデザインで名前や役職部分だけの変更は、文字部分の微調整等の手数料として、2人目以降1人2,000円で承ります。(1人目の名刺デザインをcotoLiでうけたまわった場合のみのサービスです)

  • もらった人が手元に残しておきたくなる名刺
  • 最初のデザインが決まれば、次回以降かかるのは印刷代と印刷手数料のみ
  • 片面、両面、特殊印刷、角丸加工など、あらゆるご要望に対応可能

チラシ・リーフレットのデザイン

24,000円 (例:葉書サイズ・片面・印刷代別途)

チラシやリーフレットは、お客さまとの数少ない接点となります。

外観が魅力的で、訴求力のあるデザインでなければ、お客さまの心を捉えることはできません。

けれど外観の良さばかりに気を遣っても、「どんな相手に」「どんな情報や印象を届けたいのか」という明確な意図を持ってデザイン設計をしなければ、せっかく興味を持ってもらっても、狙った通りの成果を期待することはできません。

デザインで打ち出す魅力と紙面に載せる情報とのバランスを取る力量が問われます。cotoLiでは、デザイン思考・マーケティング思考の双方を活かしたデザイン提案をさせていただくことが可能です。

  • お客さまとの貴重な接点となるチラシやリーフレットを侮るなかれ
  • 見た目の良さだけではなく、マーケティング上の気配りもあるデザイン
  • 追加発注でかかるのは印刷代と印刷手数料のみ。データ引き渡しも可能

ロゴデザイン

99,800円 (例:マークのみ)

会社の顔として、あらゆる箇所に登場するロゴ。

抽象的な図案であることが多いため、値段を高く感じられる方も一定数おられるようです。ひどく簡単な図案に見えても、ロゴデザインには非常に手間が掛けられているものです。

なにしろ会社の顔ですから、事業内容・社風・ターゲットとなるお客さま像などなど…その事業に関わるあらゆる要素を投影したデザインを考えに考え抜いて、抽出したエッセンスがロゴデザインの原型となります。

どんな場面で活用されることの多いロゴなのか?といった要素も考慮して作成にあたります。(たとえば看板に使うのならば、目を惹くしかけも必要になってきます)

手間暇かけて描き起こすcotoLiのロゴデザイン、ぜひご活用下さいませ!

  • データをお渡しするので、色んな場所で活用できる
  • Webサイトにも印刷物にも使える、汎用性の高いデザイン
  • 画像ロゴ、書体ロゴなど、さまざまなご提案ができます

Contracting Process

お申込みからご契約までの3ステップ

1. 無料相談のお申込み

まずはざっくばらんにお客さまのお話をうかがって、どういった目的を持ってどんなものを作るのかを整理し、デザイン制作に関してご提案をさせて頂きます。まずは無料相談をお申し込みくださいませ。

2. 無料相談の実施

無料相談のお申込みを頂きましたら、弊社担当よりご連絡させて頂きます。

日程調整を行わせて頂き、実際に無料相談にてお客さまの課題やご要望をインタビューし、具体的な制作プランとお見積をご提案いたします。

なお、場所に関しましては、お客さまの事務所まで弊社コンサルタントがお伺いいたします。個人事業主のかたなど、事務所をお持ちでない場合には、お客さまのご都合の良いカフェや会議室をご指定くださいませ。

3. 正式にご契約

cotoLiからのご提案内容にご納得頂けた場合には、正式にご契約・制作開始の運びとなります。

なお、仮にご契約頂けない場合でも、しつこい勧誘や宣伝は一切致しませんので、ご安心ください。

Frequently Asked Questions

よくあるご質問

自分で素材を拾ってくることもできるし、クラウドソーシングで格安にデザイン依頼を発注できる昨今。これらの手段と比較してお金が高く付くプロに、あえて依頼をする意義がわからない、という疑問が出るのもごもっともだと思います。

趣味としての活動で、利益を重要視しないのであれば話は別ですが、事業として、もしくは何らかの効果をねらって制作に当たる場合には、やはりプロが直接提供するサービスを利用するのをおすすめ致します。

おすすめする理由としましては、以下のような理由が挙げられます。

・品質や信頼性の高さに一定水準以上の期待が見込めること

・時代精神を加味したデザイン製作ができること(具体的に例を挙げるならば、どこか少し間違うと古臭い印象になってしまう「レトロ」をイメージしたデザイン制作をおこなう場合でも、垢抜けたデザインを提案できる、ということです)

・直接やり取りをする中で、ご要望を丁寧にヒアリングしながら制作に当たることができること

デザインは、事業に関わるあらゆる要素・お客さまとのあらゆる接点の外観を決めます。複数の要素を掛け合わせて、なおスタイルの一貫性を保つこと、洗練された印象を与えることは、なかなかできることではございません。

cotoLiでは、コンサルテぅング業をおこなっていることもあり、事業全体を視野に入れたデザインやアドバイスをご提案することが可能です。ぜひ、ご検討くださいませ。

メニューでのご案内がない物でも、できる限り対応させていただいています。たとえば、販促グッズ製作、オリジナルキャラクターデザインなどのお仕事もお引き受けしています。

こんな物が作ってみたい、というご要望をご記入の上、まずは問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ!

なんとなく、こんな感じにしてほしい、こんなイラストを入れてほしい、使いたい写真がある、使ってほしい色がある…ご依頼をいただく時点である程度、仕上がりのイメージを持っていらっしゃる方も多いです。

ご要望があれば、遠慮はなしで、全てお伝えいただきたいと考えています。業界やお客さまについて、当事者としての肌感覚を持つご依頼者様にお話していただけることは、デザイン制作をおこなう上でなによりの材料となります。

じっくりとお客さまのご要望をうかがった上で、デザインのねらい(届けるべき相手に、伝えたいメッセージを確実に伝えること)から外れる部分については、何か違った形のご提案をさせていただくことがございますが、お客さまにご納得いただける範囲でご了承いただく形をとっております。

まったくご要望が出てこない、というご依頼者様とお仕事をさせていただくことも多くございます。

この場合も、まずはご要望をうかがいます。現時点でのご要望(漠然としたイメージでも構いません)や事業内容、載せたい情報の内容などをお話いただいて、たたき台となるデザインを提案致します。

たたき台があれば、ここをもっとこうしたい、これはあんまり好みじゃない、といったご要望が出てきやすくなります。

その後たたき台を元に出てきたご要望を加味して、デザイン修正をさせていただく、という形をとっていますので、イメージがまったく湧いていない場合でも不安を感じることなくご依頼いただければと思います。

無料相談は「cotoLiが宣伝をする場所」ではなく、「お客様がcotoLiのサービスを試す機会」であると位置づけております。

したがいまして、無料相談の場合でも、正式にご契約済みのお客様の場合と同様に、私たちに与えられたすべての時間を使って、お客様のお役に立てるようにアドバイス・ご提案をさせて頂きます。

また、無料相談後に残念ながら正式にご契約頂けなかった場合でも、迷惑な営業電話やメール、DM等のしつこい勧誘・宣伝は一切致しません。

ぜひ安心して無料相談をお申込み頂ければ幸いです。

他のデザイン会社と私たちcotoLiとの最大の違いは、お客さまの真のニーズを追求する「デザイン思考」と購買に繋げる「マーケティング思考」の双方を重視している点にあります。

デザイナーが持つ審美的な視点・営業担当者や経営層が持つマーケティング的視点、どちらか一方に偏ったサービスを提供する事業者が多い中で、デザインとマーケティングとを明確に線引きした上で双方の視点を活かしたデザインをご提案させていただけることが、cotoLiの強みです。

また、コンサルティング業で蓄積した知見をもとに、お客さまが伝えるべき相手に伝えたい情報を確実に届けるためには、どの媒体を使うのが得策か?というデザイン以前の段階からでもご相談に乗ることができます。

サービスとしてWeb製作も提供しているcotoLiでは、チラシや名刺などの物理的なデザインに留まらず、Webサイト製作、ロゴ製作、SNSで使う画像の製作など、多角的なご提案が可能です。

お客さまにメッセージを届けるために、さて何をしようか?というお悩みをお持ちの際には、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいませ。

Are you interested in?

私たちcotoLiの創るデザインに、ご興味を持って頂けましたでしょうか?

伝えるべき相手を見据えて、一貫したメッセージを打ち出すデザインのご提案を徹底しているのが私たちの特徴です。

とはいえ、それが実際にどんなものなのか、本当にお客様のお悩みを解決できそうか?という点はイメージがつきづらいと思います。

だからこそ、cotoLiでは無料相談を提供させて頂いています。単に「無料お見積」をご提案させて頂くだけでなく、じっくりお話をうかがって、お客さまの抱えるお悩みを解決するためにどういった手立てが考えられるのかのご提案をさせて頂きたいと考えています。

簡単な事項を入力するだけでお申込み頂けます。ぜひこの機会をご活用くださいませ!

Other Services...

他のサービスもご覧ください

コンサルティング

チャンスを発見し、掴み取るために

シンクタンク

科学的知見に基づく合理的意思決定を

Web制作

顧客コミュニケーションの基盤構築