Our Services

Think Tank

シンクタンク

Rational Decision

理性的な意思決定のために

私たちcotoLiのシンクタンク関連サービスでは、科学的知見に基づいてお客様のご要望に応じた調査・研究を行い、理性的な意思決定に資するめの根拠を提供し、政策提言やプレゼンテーションを行います。

ビジネスに科学的知見を応用する場面では、その知見が「特定の学派に一致しているか」や「学問的に精密か」には、あまり意味がありません。

偉大な経済学者であり、大成功した投資家でもあったジョン・メイナード・ケインズは「正確に間違うよりも、漠然と正しい人でありたい」との名言を遺しています。

私たちcotoLiはプラグマティックな「科学の良きユーザー」を標榜し、ビジネスの実際的な意思決定に貢献する科学的知見を提供します。

Pragmatic

行動の根拠にできる知見を見い出す

私たちcotoLiは、実践的な知の提供に徹底的にこだわります。厳しい生存競争をたたかう民間企業にとっての科学的知見とは、第一に「役に立つ」ものでなければならないと理解しているからです。

いくら理論的に美しかったとしても、非現実的な仮定に基づいていたり、あまりに特殊な状況の説明に終始していたりすれば、”So What?”(だからどうした?)の問いに答えられません。

私たちは象牙の塔の外に飛び出し、仮借なき現実世界に行動を生み出す知見をご提供いたします。

Interdisciplinary

状況を総合的に捉える学際的なアプローチ

ビジネスにおいて科学的知見が必要になる場面では、多数の原因が絡み合って課題の全体を形成していることが多いものです。

商品が売れない直接の理由はマーケティング論が説明するかもしれませんが、そもそもいい商品が作れないのは人材管理論的な問題かもしれません。上層部の意思決定が不適切ならグループダイナミクス研究の知見が有用ですし、熱心な人材が集まらないのは産業心理学や社会心理学的な原因かもしれません。

「役に立つ知見」の提供をお約束する私たちcotoLiは、課題の原因を安易に決めつけることはいたしません。複雑に絡み合った問題を総合的に捉え、学際的なアプローチで分析します。

Convincing

発見した知見を、説得力のある形式で

ビジネスにおけるシビアな意思決定の場面において、「正しい」だけでは合意の理由になりません。

相手の置かれた立場を考え、世界観を推察し、相手から自分がどう見えているかを踏まえた上で提案しなければ、説得などできません。これをナラティブ・アプローチと言いますが、「正論だけでは通用しない」という感覚は、きっとあなたもお持ちではないでしょうか?

私たちcotoLiは、実践的で総合的な知見を提供することはもちろん、行動を起こすためには説得が不可欠であるとの理解のもと、意思決定者にとって説得力ある形で提案をまとめます。

Clients' Voices

お客様から見たcotoLiのサービス

The Theory of Moral Sentiments

人は損得のみに生きるにあらず

「マーケティング」あるいは「コンサルティング」という言葉に、どういったイメージをお持ちでしょうか? なんだか、いつもお金儲けのことばかり考えていそうな感じで、人間としてあまり近づきたくない印象ですよね。

このイメージは、世界経済が長期停滞にあえぐ中で台頭したアメリカの大手コンサルティングファーム、あるいはMBA(経営学修士)教育という資格ビジネスによって労働市場に大量に供給された「金儲けの伝道師」たちによって決定づけられました。彼らの手法は、社会に埋め込まれていた伝統的な「商売」のやり方とは大きく異なっていました。人間は合理的で利己的な存在であるという冷厳な人間観と、確率論的数理計算を武器に、1円の利ざやを求めてグローバル経済を跋扈して見せ、短期利益の最大化を自らの成果と吹聴しました。

しかしながら、2008年のリーマンショックとそれに続くサブプライムローン危機は、そのような焼畑農業的な経営戦略が持続不可能な手法であることを暴き出しました。

経済的自由主義の祖にして現代経済学の父と目されているアダム・スミスは、1759年に「道徳情操論」という書物を記しており、「いかに利己的であるように見えようと、人間本性のなかには、他人の運命に関心をもち、他人の幸福をかけがえのないものにするいくつかの推進力が含まれている。」と語っています。私たちはアダム・スミスに250年遅れて、ようやく正しい人間観に気づいたのです。

私たちcotoLiは、人間は完全に合理的でもなければ利己的でもないという現実世界の中で、「自己の利益を追求したければこそ、他人の利益に貢献せよ」という最先端の経済学的・社会学的知見を武器に、あなたと共に危機の時代を克服し、より洗練された暖かな社会の実現を目指します。

cotoLi Web Media Office共同代表
小松 勇太

Service's Details

サービス詳細のご案内

課題解決・合意形成のための政策提言

一式 58,000円 〜

「確かな根拠を提示して合意を取り付けたい」「行政・商工会議所に政策提言がしたい」「親会社の施策を見直してもらうために、説得力ある提言が必要」

関係者の人数が多くなる大規模プロジェクトや、行政など社外の組織が関わってくる場合など、合意形成の基礎として客観的で理論的な提言が必須となる場面は意外に多く存在します。。

cotoLiには東証一部上場企業や商工会議所に対する政策提言の実績があります。しっかりした根拠があるだけでなく、実際に相手が「受け入れやすい」提言を取りまとめさせていただきます。

  • お客様のご要望に応じた説得力ある政策提言の作成
  • 実際に合意形成できることを重視
  • 東証一部上場企業や商工会議所に対する政策提言の実績あり

チャンスを見い出す受託研究・調査

一式98,000円〜

「経営判断の基礎となる社会科学的な知見が欲しい」「人材育成・後継者養成のために、いま何をすべきかを理論的に整理したい」「どの事業に注力し、どの事業は廃止すべきか、科学的知見も参考にしたい」

ビジネスにおいて、意思決定の根拠は個人のカンや業界の慣習だったりするものですが、それが重要な意思決定であるならば、やはり科学的知見も判断材料に加えたいところです。

cotoLiでは、豊富な社会科学の研究蓄積を武器に、お悩みの課題に関して研究・調査を行います。しっかりした根拠に基づく判断は、「何が起きたら想定外なのか」が理論的に示されますから、後々の状況変化に合わせた臨機応変な対応をも支えます。

  • お客様の課題・疑問に対して科学的にアプローチ
  • 強固な理論に基づく意思決定で、成功確率を高めます
  • 1度得られた知見は、他の場面でも応用が利きます

知を共有するセミナー・プレゼンテーション

一式38,000円〜

「cotoLiが持っている知見を社内で共有したい」「経営陣の合意を取り付けるためにプレゼンテーション・質疑応答をして欲しい」「プロジェクトの議論に参加して、意見を出して欲しい」

私たちcotoLiは、実際の意思決定や合意形成の「瞬間」に貢献することをとても重要だと考えています。

セミナーやプレゼンテーション、議論への参加で、その「瞬間」を強力にサポートします。

  • 実際の行動が決定される会議の場でもcotoLiが徹底サポート
  • 複数人で一気に知見を共有できて効率的
  • 政策提言や受託研究のご契約なしで、単品でのご利用OK

Contracting Process

お申込みからご契約までの3ステップ

1. 無料相談のお申込み

私たちcotoLiのサービスがどんなものかをご理解頂くには、実際にお試し頂くのが最も確実であると考えています。

お客様のお悩みや課題をお伺いし、無料でアドバイスを提供させて頂きますので、フォームより無料相談のお申込みをお願いいたします。

2. 無料相談の実施

無料相談のお申込みを頂きましたら、弊社担当よりご連絡させて頂きます。

お客様と日程調整を行わせて頂き、実際に無料相談を体験して頂きます。

なお、場所はお客様の事務所まで弊社コンサルタントがお伺いいたします。個人事業主のお客様など、事務所をお持ちでない場合には、お客様のご都合の良いカフェや会議室をご指定ください。

3. 正式にご契約

無料相談を体験して頂き、今後もお付き合いして頂ける場合には、正式にご契約の運びとなります。引き続き全力でサポートしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

なお、仮にご契約頂けない場合でも、しつこい勧誘や宣伝は一切致しません。お客様と私たちとの信頼関係がなければ、実際に行動に結びつく知見をご提供することはできないと考えているからです。

Frequently Asked Questions

よくあるご質問

シンクタンクのサービスとコンサルティングのサービスは「専門知識を使ってお客様の課題を解決する」という点で良く似ています。実際に、多くのシンクタンクはコンサルティングサービスも並行して提供しています。

ただ、シンクタンクと言うと、より科学的・理論的な側面が強く、調査研究もサービスとして取り扱っているところにコンサルティング会社との違いがあります。

お客様が抱えている課題や悩みに対して科学的にアプローチし、場合によっては調査研究によって新たな知見を生み出しつつ、その解決を行うのがシンクタンクのサービスです。

学問の分類としては、経済学・経営学・マーケティング論・会計学・ファイナンス論・社会学・社会心理学・消費者心理学・経済社会学・社会的ジレンマ研究・産業心理学・グループダイナミクス研究・統計学など、様々な社会科学的知見を利用して、お客様の課題解決に貢献しています。

もちろん大歓迎いたします。

個人事業主のお客様におかれては、コンサルティングサービスもオススメとなっておりますので、ぜひ併せてご検討ください。

無料相談は「cotoLiが宣伝をする場所」ではなく、「お客様がcotoLiのサービスを試す機会」であると位置づけております。

したがいまして、無料相談の場合でも、正式にご契約済みのお客様の場合と同様に、私たちに与えられたすべての時間を使って、お客様のお役に立てるようにアドバイスをさせて頂きます。

また、無料相談後に残念ながら正式にご契約頂けなかった場合でも、迷惑な営業電話やメール、DM等のしつこい勧誘・宣伝は一切致しません。

ぜひ安心して無料相談をお申込み頂ければ幸いです。

他のシンクタンクまたはコンサルティング会社と私たちcotoLiとの最大の違いは、「実際に役に立つ」ことと「総合的なアプローチ」にあります。少し専門的に言えば「プラグマティズムの徹底」ということになります。

お客様も私たちも、科学者になりたいわけではありません。特定の学派の考えに傾倒する気もなければ、美しいけど現実離れした理論モデルにも興味がありません。ただ、ビジネスにおいて生じる様々な課題や、不確実な将来に向けての意思決定について、科学的知見が「役に立つ」と思うから使いたいと考えているだけです。

私たちcotoLiは「科学の良きユーザー」であることを信条とし、科学的知見を実際の行動に結びつけることにこだわります。そしてまた、実際の問題は様々な原因が絡み合った複雑なものであるからこそ、その理解と解決のために、私たちも広汎な社会科学的知見の総合を必要としているのです。

ともすれば理論的趣向に傾きがちなシンクタンクのサービスですが、私たちは自信と誇りを持って「実践的」「総合的」であることを追求し、独自のポジションを明確にしています。

Are you interested in?

私たちcotoLiのシンクタンク関連サービスにご興味を持って頂けましたでしょうか?

科学的なアプローチを用いつつ、「実践的」かつ「行動を生み出す」ことを重視しているのが私たちの特徴です。

とはいえ、それが実際にどんなものなのか、本当にお客様のお悩みを解決できそうかという点はイメージがつきづらいと思います。

だからこそ、cotoLiでは無料相談を提供させて頂いています。初めてのお客様におかれては、必ず無料相談をご利用頂くことをお願いしています。信頼関係が無ければ、実際の行動に結びつけるのが困難であることを、私たちは理解しています。

簡単な事項を入力するだけでお申込み頂けますので、ぜひこの機会をご活用ください。

Other Services...

他のサービスもご覧ください

コンサルティング

チャンスを発見し、掴み取るために

Web制作

顧客コミュニケーションの基盤構築

デザイン

筋が通っていて、わかりやすいデザイン