マーケティング

今更聞けない!AISAS時代の自社サイトの役割

投稿日:
今更聞けない!AISAS時代の自社サイトの役割のアイキャッチ
SNSでシェアする

AISAS(アイサス)という言葉をご存知でしょうか。

マーケティングで使われる、消費者の購買行動の流れを表した言葉です。AIDMA(アイドマ)ならなんとなく聞き覚えがある、という方もいらっしゃるかも知れません。

消費者の購買行動は、「AIDMA」から「AISAS」へと変化してきているのです。

今回は、AISAS時代においてインターネットを活用するにはどこから手をつけたら良いのか考えていきたいと思います。

インターネット普及前:AIDMA

インターネットが普及するまで、消費者が商品・サービス購入に至るまでの流れは、各行動の頭文字を取って「AIDMA(アイドマ)」と呼ばれていました。

すなわち、消費者の購買行動は、商品・サービスについて
「注目する(Attention)」→「興味を持つ(Interest)」→「欲しいと思う(Desire)」→「情報を記憶する(Memory)」→「買うために行動する(Action)」
の順で進むのが一般的、と考えられてきたのです。

インターネット普及後:AISAS

インターネットが普及した現在、購買行動に至るまでの流れが変わり、「AISAS(アイサス)」と呼ばれるようになりました。

商品・サービスについての
「注目する(Attention)」→「興味を持つ(Interest)」→「情報を検索する(Search)」→「買うために行動する(Action)」→「情報を共有する(Share)」
という流れの頭文字をとってAISASです。

消費者が商品・サービスに興味を持った後、購入前にその商品や関連情報について検索する、という行動が加わるようになったのです。

「情報を検索する(Search)」が加わった

インターネットが普及したことで、個人でも手軽に情報検索が行えるようになりました。

商品やサービスを購入する際には、ほしいものや自分が今抱えている課題への対策について、まず調べて、比較・検討する人が増えました。

インターネット活用は商売の最低条件

消費者の購買行動に情報検索が加わった現在、商売をする上で、インターネットを活用することは必須事項です。

インターネット活用がうまくできないとどうなる?

インターネット上に情報が無ければ、消費者に認知すらしてもらえません。

だからといって自社サイトを作成したり、SNSアカウントを作ったりしてとりあえずインターネット上に情報を載せてみても、うまく活用できていなければ、他社と比較検討する段階でふるい落とされてしまう可能性が高いです。

現状、既存顧客がついていて経営が安定している会社でも、今後より低価格の商品・サービスを提供する他社に既存顧客を奪われてしまうかもしれません。

まず何をしたら良いのか

インターネットを活用することの必要性を感じている経営者・営業等担当の方は多いはずです。

しかしながら、インターネット上では誰でも情報を発信できることの弊害で、玉石混淆の情報が氾濫しています。

インターネットを活用するといってもまず何をすればいいのか、どのような手順で進めていけばよいのかがわからず、手を出せずにいる方も多いのではないでしょうか。

まず作るべきは自社サイト

商売をする上でインターネットを活用したい時には、まずは自社サイトを作ることをお勧めします。

すでに自社サイトを持っているという方も、せっかく作った自社サイトを活用できているのかどうか、確認してみてください。

自社サイトでできること

事業内容や会社についての紹介

自社サイトの役割としてまず思い浮かぶのが、事業内容や会社へのアクセス、営業時間等の基本的な情報の掲載でしょう。

自社サイトを持っていることで、取引先や消費者からの信用度も上がります。

商品・サービスについてくわしく説明する

自社の商品・サービスについて、写真や動画を使って詳細な情報を乗せることが出来ます。

自社サイトであれば、Twitterのような文字数制限もありません。商品のカタログ代わりに活用したり、ダウンロード資料を置いておくこともできます。

インターネット接続さえできればいつでも・どこでも・何回でもお客様に見てもらえます。このリピート性を活かし、取扱説明書にあたる情報を載せて商品購入後のアフターフォローとして活用することも可能でしょう。

アイデア次第で、様々な活用法を考えられるのも、自社サイトの強みです。

インターネット上での会社の拠点となる

自社サイトには、広告・メディア掲載情報、キャンペーン・フェア等の情報、複数あるSNSアカウント等、インターネット上の自社に関する情報発信メディアをすべてまとめることができます。

自社が提供するサービス内容や最新情報を一覧できるため、取引先やお客様にとって便利なインターネット上での会社の拠点となるでしょう。

まとめ

今回は、消費者の購買行動の流れが「AIDMA」から「AISAS」へ変わったことをまず確認しました。

具体的には、購買行動に情報検索が加わったため、商売をする上でインターネットを活用することが必須となってきているのです。

また、インターネットを活用する上でまず着手すべきなのは、自社サイトの作成です。

自社サイトでは事業内容や会社についての紹介はもちろん、商品やサービスの詳細情報を載せたり、複数のメディアをまとめたりすることができます。

自社サイトを作って、取引先やお客様に響く情報を発信しましょう!

SNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です